アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析

アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析

 

アトピスマイルにはどんな成分が入っているの?

 

 

アトピスマイルはスキンケアクリームですが、赤ちゃんから使えるということで、どんなお肌に優しい成分が入っているのか気になります。

 

そこで、アトピスマイルクリームの全成分を解析してみました

 

 

アトピスマイルの全成分を解析|ライスパワーNo.11


アトピスマイルの全成分を調べてみると、ライスパワーNo.11やアミノ酸などの成分が配合されていることが分かりました。

 

 

アトピスマイルの全成分

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

 

その他の成分
水、1,3‐ブチレングリコール、2‐エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸オクチルドデシル、ホホバ油、オリブ油、トリ2‐エチルヘキサン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ショ糖脂肪酸エステル、モノステアリン酸ポリグリセリル、マルチトール、メチルポリシロキサン、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、バチルアルコール、メチルパラベン、天然ビタミンE、L‐アルギニン、キサンタンガム、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エデト酸二ナトリウム、L‐セリン、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)

 

 

有効成分ライスパワーNo.11とは

 

アトピスマイルに配合されている有効成分はライスパワーNo.11。
※有効成分とは、厚生労働省より効果効能が認可されている成分のこと。

 

 

ライスパワーNo.11の特徴

 

ライスパワーNo.11には、『皮膚水分保持能の改善』の効能があります。
分かりやすく言うと、お肌の潤い改善する効果といえます。

 

 

お肌の保湿は、お肌のバリア機能によって保たれています。

そして、お肌のバリア機能に最も大切な成分が、お肌にもとからあるセラミドという成分なのですね

 

 

肌質には、脂性肌もあれば敏感肌もあります。

敏感肌の原因には様々なものがありますが、お肌のバリア機能の低下も敏感肌の原因の一つ。

 

 

ではどうすれは、お肌のバリア機能を回復させることができるのでしょうか?
その方法の一つが、お肌のバリア機能の維持に欠かすことができない成分セラミドを、お肌に増やすことなのですね。

 

 

ライスパワーNo.11は、お肌のセラミドを増やす効果がある成分。
ですので、ライスパワーNo.11をお肌にぬることで、乾燥肌やお肌のバリア機能の改善に効果が期待できるのです。

 

 

アトピスマイルクリームのその他成分

 

アトピスマイルクリームには、ライスパワーNo.11以外にも用途に合わせた成分が配合されていました。

 

 

 

アトピスマイルクリームのベースとなる成分。

 

 

1,3‐ブチレングリコール

 

保湿効果がある成分。

 

 

2‐エチルヘキサン酸セチル

 

クリームの使い心地を良くする成分。
テクスチャー(使い心地)調整剤。

 

 

濃グリセリン

 

化粧品でもおなじみの保湿剤。

 

 

ステアリン酸

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整剤する成分。

 

 

ミリスチン酸オクチルドデシル

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整剤する成分。

 

 

ホホバ油

アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析
低木のホホバという木の種から抽出される成分。
ホホバはアメリカにある木で、インディアンは昔からホホバオイルをお肌にぬっていたそうです。

 

ホホバ油にはお肌を整える作用が期待できます。

 

 

オリブ油

アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析
オリブ油とはオリーブオイルのこと。
オリブ油も、イタリアでは昔からお肌の健康のために使われていました。

 

オリブ油には、お肌を整える働きが期待できます。

 

 

トリ2‐エチルヘキサン酸グリセリル

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整剤する成分。

 

 

ベヘニルアルコール

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整剤する成分。

 

 

ショ糖脂肪酸エステル

 

食品にも配合されている成分。
テクスチャー(使い心地)調整剤の目的で配合されているものと思われます。

 

 

モノステアリン酸ポリグリセリル

 

界面活性剤の役割がある成分。

 

界面活性剤とは、本来は混ざり合わない物を混ざりやすくするために使います。

 

アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析
引用:日本界面活性剤工業会

 

水と油は、本来は混ざり合わない成分。
しかし、アトピスマイルには水やホホバ油などの成分がたくさん配合されています。

 

 

本来は混ざり合わない水と油を均一に混ぜて、長期間品質を安定させるために界面活性剤は使われます。

 

 

ちなみに、マヨネーズには酢と油がつかわれていますので、本来は混ざりあいません。
しかし、レシチンという乳化剤(界面活性剤の一つ)が使われることによって酢と油が均一に混ざり合うようになります。

 

 

このように、界面活性剤は食品から化粧品など様々な製品に使われています。

 

 

界面活性剤ときくと、「お肌に悪い」と思う方もおられるかも知れません。
しかし、界面活性剤にはいくつもの種類があり、食品用・化粧品用・食器洗剤用などがあります。

 

 

ですので、医薬部外品に指定されているアトピスマイルの界面活性剤のことは、あまり気にしなくて良いのではと思います。

 

 

アトピスマイル公式サイトでは、アトピスマイルは赤ちゃんから使えるとありました。

 

赤ちゃんからご年配の方まで、年齢問わずお使いいただけます。

引用:ライスパワーショップ

 

 

マルチトール

 

保湿成分の一つ。
原料はジャガイモやトウモロコシが使われているそうです。

 

 

メチルポリシロキサン

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整剤する成分。

 

 

N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム

 

界面活性剤の一つ。
アトピスマイルクリームの品質を安定させる成分。

 

 

バチルアルコール

 

エモリエント効果がある成分だそうです。
※エモリエント効果とは、お肌をつつみこむ働きのこと。

 

 

アトピスマイルクリームは、お肌を乾燥から守るスキンケアクリーム。
ですので、アトピスマイルクリームには、お肌を包み込むエモリエント効果のある成分が配合されています。

 

 

メチルパラベン

 

防腐剤の一つ。

 

アトピスマイルクリームには、お肌の栄養になる成分がたくさん配合されています。

 

お肌の栄養になる成分は、ばい菌も大好きな成分。
ですので、アトピスマイルクリームには、ばい菌が繁殖しない最低限の防腐剤が配合されています。

 

 

天然ビタミンE

 

ビタミンEには血行促進の効果があります。

 

お肌の栄養素は血液によって運ばれます。
ビタミンEの働きでお肌の血行が良くなることによって、お肌に必要な栄養素が届けられる効果が期待できますね。

 

 

L‐アルギニン

 

アミノ酸の一つ。
L‐アルギニンにも、血行を良くする効果が期待できるそうです。

 

 

キサンタンガム

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整する成分だと思います。

 

 

プロピルパラベン

 

防腐剤の一種。

 

防腐剤はいくつかの種類を組合わせることによって、少ない量でばい菌の繁殖を抑える効果が高まると言われています。
ですので、アトピスマイルクリームに3種類の防腐剤を配合して、効果的にばい菌の繁殖を抑えているのでしょうね。

 

 

ブチルパラベン

 

防腐剤の一つ。

 

いくつかの防腐剤を組合わせることによって、ばい菌を抑える効果を高めつつ、防腐剤の使用量を少なくできると言われています。

 

 

エデト酸二ナトリウム

 

抗菌作用がある成分。
お肌のかゆみの原因は、お肌にいる細菌の働きによるものもあります。

 

ですので、お肌のかゆみの原因になる細菌の働きを抑えるために、抗菌作用があるエデト酸二ナトリウムがアトピスマイルクリームに配合されているのかなと思いました。

 

 

L‐セリン

 

アミノ酸の一種。
お肌を元気にしてくれる効果が期待できます。

 

 

疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整する成分だと思います。

 

 

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体

 

アトピスマイルクリームのテクスチャー(使い心地)を調整する成分だと思います。

 

 

2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール

 

お肌を包み込んでくれる効果が期待できる成分であると思います。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析
お肌の炎症を抑え肌質を整えてくれる成分。
マメ科の植物の甘草(カンゾウ)の根から抽出されます。

 

 

ヒアルロン酸ナトリウム(2)

 

保湿効果がある成分。

 

『ヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム)』は、水を非常に多く保持する能力がある高分子です。元々ヒトのからだにある成分ですが、加齢とともに減少していきます。抜群の保水力で、肌の保湿に効果を発揮します。』

引用:資生堂

 

 

アトピスマイルクリームの全成分の解析|まとめ

 

アトピスマイルクリームの全成分を調べて解析してみました。

 

 

アトピスマイルクリームには、ライスパワーNo.11をはじめ、アミノ酸や濃グリセリンなどお肌の健康に良い成分が配合されていました。
また、防腐剤も配合されていることが分かりました。

 

 

アトピスマイルクリームに防腐剤が使用されている理由

アトピスマイルクリームには、お肌の栄養となる成分が多く配合されていますので、最低限の量の防腐剤だけ使用されていると思います。

 

 

 「防腐剤が入っているからちょっと心配…。」

 

 

このように思う方もおられると思います。
実際に、私もアトピスマイルクリームの成分のことは説明できても、安全性のことまでは説明できません。

 

 

ただ、アトピスマイルクリームは厚生労働省が認めた医薬部外品ですので、安全性は問題ないと思っています。
また、アトピスマイルクリームが発売されて時間がたっていますが、とくに問題が出ていることもないようです。

 

 

反対に、アトピスマイルクリームを使って、お肌が良くなったという口コミが多いですよね

 

アトピスマイルクリームを開発された勇心酒造さんの公式サイトにも、アトピスマイルクリームは赤ちゃんにも使えるとあります。
アトピスマイルクリーム全成分|グリチルリチン酸ジカリウム・アミノ酸・界面活性剤・パラベン|解析

 

赤ちゃんからご年配の方まで、年齢問わずお使いいただけます。

引用:ライスパワーショップ

 

ですので、アトピスマイルクリームは安心して使える乾燥肌の方におすすめのスキンケアクリームなのだと思いました。

 

 

勇心酒造さんのスキンケアの考え方

「皮膚水分保持能」。

私たちの肌には元々、水分を蓄えるための力が備わっています。
そしてこの力を改善できる唯一の成分が、勇心酒造が開発したライスパワーNo.11なのです。
外から補い、一時的に人工的なバリアを作って肌を守るのではなく、自ら潤いを保てる肌へと改善※し、皮膚バリア機能を整えること。
ライスパワーNo.11で叶えるこの「改善※ケア」こそがアトピー・敏感肌に本当に必要なスキンケアである、と私たちは考えています。
※皮膚水分保持機能の改善
●アトピー性皮膚炎の治療については、まずは医師による診断を受けてください。
引用:ライスパワーショップ

 

続きをご覧になりたい方はこちら

 

 

ちなみに、私もアトピスマイルクリームを使ってみたくて、アトピスマイルクリームの小さいほう(25g)を購入しました

 

↓小さいほうでも結構おおきいです。

 

アトピスマイルクリームが気になるときには、アトピスマイルクリームの小さい方(25g)からお試ししてみるのがおすすめですよ。

 

 

アトピスマイルは報道ステーションで紹介されました

ライスパワーショップ

 

 

アトピスマイルクリームには無料サンプルもありました。

 

無料サンプルの情報はこちら