ライスパワーNo.11|アトピスマイルとステロイド薬の違いとは|かゆみ・赤み・炎症

ライスパワーNo.11|アトピスマイルとステロイド薬の違いとは|かゆみ・赤み・炎症

 

アトピスマイルとステロイド薬の違いが分からない…。

 

ライスパワーNo.11とステロイドの違いが分からない…。

 

 

アトピー肌に良いといわれるアトピスマイルクリームとステロイド薬。

 

 

アトピスマイルクリームやステロイド薬はなぜ、アトピー肌に良いといわれるのでしょうか?
また、アトピスマイルクリームとステロイド薬の違いはどこにあるのでしょうか?

 

この記事では、アトピスマイルクリームとステロイド薬の効果の違いが分かる内容になっています。

 

 

アトピスマイルクリームとステロイド薬の効果の違い|かゆみ・赤み・炎症

 

アトピー肌に対するアトピスマイルクリームとステロイド薬の使用方法の違いは、次の点にあるといえます。

 

 

アトピスマイルクリームのアトピー肌対策

ライスパワーNo.11の効果で肌のバリア機能を高め、かゆみや赤みなどのアレルギー(炎症)を起こさない肌を目指す。

 

 

ステロイド薬のアトピー肌対策

ステロイド(成分名)の働きでお肌のアレルギー(かゆみ・赤みなどの炎症)を抑える。

 

 

アトピスマイルクリームとステロイド薬の違いを簡単にいえば、次のようになると思います。

 

ステロイド薬はかゆみや炎症を抑えるための製品、アトピスマイルクリームはアトピー肌を根本から改善するための製品。

 

 

アトピー肌対策の一つは、お肌のかゆみに関する問題

 

アトピー肌とはどのような状態のことなのでしょうか?

 

「アトピー」という言葉が1人歩きしていますが、正式には「アトピー性皮膚炎」と言います。

強いかゆみを伴う皮膚炎=湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気のことを指します。
引用:ライスパワーショップ


続きをご覧になりたい方はこちら

 

 

アトピーとは、かゆみを伴う炎症がくりかえされる皮膚炎のことなのですね。
ですので、アトピー肌とは、かゆみや赤みのある炎症しやすいお肌ということができます。

 

 

お肌がアレルギー物質の影響を受けると、お肌にかゆみや赤みを生じることがあります。

 

 

お肌がかゆいときには、お薬でかゆみを抑える必要もでてきますよね。
このときに活躍するのが、ステロイド薬なのです。

 

 

ステロイド薬にはかゆみを抑える作用がありますので、ステロイド薬をぬることによってかゆみを鎮める。
これが、アトピー対策におけるステロイド薬の役割になるそうです。

 

 

アトピー肌の改善にはお肌のバリア機能を整えることも大事

 

アトピー肌の改善には、『お肌のバリア機能を回復させてお肌をアレルギー物質から守る』ことも大事といわれています。

 

 

お肌のバリア機能を回復させるためには、お肌の保水力を高める必要があります。
お肌は本来、お肌の表面の水分を保つことによって、お肌のバリア機能を保っています。

 

 

しかし、体質的なものなどによってお肌のバリア機能が弱くなると、外部のアレルギー物質に弱くなり、お肌にかゆみや赤みなどの炎症が生じてしまいます。

 

 

ですので、アトピー肌を改善するためには、お肌の水分量を回復させる必要があるのですね。
そして、このときに活躍するのが、アトピスマイルクリームなのです。

 

 

アトピスマイルクリームには、日本で唯一『皮膚水分保持能の改善の効果』があるライスパワーNo.11が配合されています。

 

 

アトピスマイルクリームを開発された勇心酒造さんは、ライスパワーNo.11の役割について次のように考えられていました。

 

ライスパワーショップ(アトピスマイル開発元)より

ライスパワーNo.11をお肌に塗ることは、この「皮膚バリア機能のケア」にあたります。

ライスパワーNo.11はその場のかゆみをすばやく抑えることはできませんが、継続使用することによって、肌奥から健康な細胞が生まれるように促し、内側からバリア機能を整える効果があります
引用:ライスパワーショップ


ライスパワーNo.11には、お肌のかゆみを抑える働きではなく、『お肌の保水力を高めバリア機能を整える働き』があったのですね。

 

続きをご覧になりたい方はこちら

 

 

アトピスマイルクリームは、ライスパワーNo.11が配合されているスキンケアクリーム。

 

アトピスマイルクリームは、『お肌のバリア機能を整えることによって、かゆみや赤みの原因になるアレルギー物質からお肌を守る製品』であることが分かりました。

 

 

アトピスマイルクリームとステロイド薬の違いとは|まとめ

 

アトピスマイルクリームとステロイド薬の違いについて考えてきました。

 

  • アトピスマイルクリームはお肌のバリア機能を整え、アレルギー物質からお肌を守るための製品
  • ステロイド薬とは、お肌のかゆみや赤みなどの炎症を抑えるための製品

 

 

アトピスマイルクリームとステロイド薬は、ともにアトピー肌対策に良いといわれています。
しかし、アトピスマイルクリームとステロイド薬はアトピー肌に対する効果に違いがあることが分かりました。

 

 

アトピー肌対策では、お肌のかゆみを抑えることと同時に、バリア機能を整えお肌をアレルギー物質から守ることも大事になってきます。

 

 

アトピスマイルクリームを開発した勇心酒造さん。
↓勇心酒造さん(香川県にあります)

引用:ライスパワーショップ

 

 

勇心酒造さんは、アトピー肌の改善について次のように考えられていました。

すでに起きてしまった炎症・かゆみをステロイド薬などで抑えつつ、ライスパワーNo.11で徐々に肌の内側から刺激に負けない、炎症の起こりにくい肌へと育てていく、という外側と内側の両面からのアプローチを行いましょう。

引用:ライスパワーショップ


続きをご覧になりたい方はこちら

 

 

アトピー肌の対策には、お肌の状態に合わせた製品を使うことが大切ということが分かりました。

 

 

アトピー肌の症状には個人差がありますので、アトピスマイルクリームはどんな方にも合う製品とは言えません。
しかし、アトピスマイルクリームには日本で唯一の成分ライスパワーNo.11が配合されています。

 

ですので、『お肌のバリア機能を高めるところからアトピー肌を改善していきたい方』にとっては、アトピスマイルクリームは最適なスキンケアクリームであることが分かりました

 

 

アトピスマイルクリームには無料サンプルもありますので、アトピスマイルクリームが気になる方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか?